平安時代

源義経の辞世の句

源義経の辞世の句

和歌

〈原文〉

後の世もまた後の世もめぐりあへ染む紫の雲の上まで

〈現代語訳〉

後世も、またその後世もめぐり逢おう、あの紫に染まった雲の上の浄土まで(一緒に行こう)

概要

源義経

源義経の肖像画(中尊寺所蔵)

源義経は、平安時代末期の武将で、幼名は牛若丸。鎌倉幕府の初代将軍の源頼朝は異母兄に当たります。

平治元年(1159年)に生まれ、文治5年閏(1189年)6月15日に31歳で死没します。

兄頼朝に追われ、追い詰められた源義経は、妻子とともに奥州平泉に向かいますが、最期は戦うことなく、持仏堂にこもり、愛刀で妻とまだ幼い娘を殺し、義経も自害します。

源義経の辞世の句として残されている和歌が、「後の世もまた後の世もめぐりあへ染む紫の雲の上まで」です。

この辞世の句を現代語訳すると、「後世も、またその後世もめぐり逢おう、あの紫に染まった雲の上の浄土まで(一緒に行こう)」という意味になります。

これは、義経の忠臣である武蔵坊弁慶べんけいの「六道の道のちまたに待てよ君おくれ先立つ習いありとも」という辞世の句への返歌として、源義経が詠んだとされる歌です。

この弁慶の辞世の句は、現代語訳すると、「冥土の道の途中で待っていてください、たとえ死の順番に前後はあったとしても」という意味になります。

六道というのは、仏教のなかで衆生が輪廻すると教えられている六つの世界のことで、転じて、冥土、あの世を指しています。

弁慶と言えば、「弁慶の立ち往生」という言葉も有名な伝説として残っています。

武蔵坊弁慶が衣川の合戦で、源義経を守るために、大なぎなたを杖にして、橋の中央に立ったまま矢面に立って死んだという伝説。また、進退きわまり、どうすることもできないことのたとえ。

出典 : 弁慶の立ち往生|コトバンク

源義経と弁慶の固い絆が伝わってくる和歌と言えるでしょう。

2+