和歌の解説

明智光秀の連歌〜ときは今あめが下知る五月哉〜意味と解釈

明智光秀の連歌〜ときは今あめが下知る五月哉〜意味と解釈

連歌

〈原文〉

ときは今あめが下知る五月さつきかな

〈現代語訳〉

時は今、天下を治める五月になったことよ。

概要

明智光秀

天正10年(1582年)5月、本能寺の変の9日前に、京都の愛宕山あたごやま西之坊威徳院いとくいんにて催された連歌会『愛宕百韻あたごひゃくいん』で明智光秀によって詠まれた連歌の発句。

ときは今あめが下知る五月哉

織田信長や明智光秀の生涯を描いた小説、またドラマなどにも登場する有名な句です。

この「あめが下知る」、表記によっては「天が下知る」という漢字が使われている場合もあるかもしれませんが、読み方は「あめがしたしる」であり、「あめが下」というのが「天下」を、「知る」が「治める、支配する」を意味し、句全体の現代語訳としては、「時は今、天下を治める五月となったことよ」となります。

光秀が、織田信長から毛利征伐の先鋒を命じられていたことから、この句を聞いた周りの者たちも、「信長様が、毛利氏を倒し、天下を治める五月」という戦勝祈願の連歌という風に解釈したと考えられます。

しかし、その後、明智光秀は中国地方には向かわず、本能寺に行き、信長を討つことになります。

そのため、この連歌は、実は戦勝祈願の裏の意味合いとして、織田信長が毛利に勝利する、という句ではなく、明智光秀自身が信長に勝利する、ということを祈願したのではないか、という指摘もあります。

この「とき」というのも、明智光秀の本姓である「土岐」と掛けられ、「時は今、土岐氏である私が天下を治める五月であることよ」という句だったのではないか、と言われています。

秀吉の天下後、『愛宕百韻』の記録を見ると、実際に収められていた句は、「ときは今あめがしたなる五月かな」とあり、この場合は、「時は今、五月雨の季節で、雨の下である五月であるよ」という意味になり、これは、光秀か、誰かによって改変されたのではないか、という説もあるようです。

ちなみに、この『愛宕百韻』の最後の百句目、「国々はなほのどかなる頃」は、明智光慶みつよし、すなわち明智光秀の長男の作です。

3+